アフィリエイトの記事には何を書くべきか?

長谷川です。

 

アフィリエイトに記事に何を書いていいのかわからない。」

と言う人も多い様です。

 

ここでは、アフィリエイトの記事に何を書くべくなのか?という

事について解説していきたいと思います。

 

記事を書く

 

アフィリエイトの記事を書くポイントは?

 

まず、一番意識しなければいけないのは当たり前だけど

 

読者という他人の存在です。

 

これは、

 

「アフィリエイトは何を売っているの?」

 

という部分をまず考えてみるととてもわかりやすいんですね。

 

つまり、物も売っていないアフィリエイターが

なぜ、集客を出来て収益を上げる事ができるのか?

 

そもそも、アフィリエイターって何屋さんなの?」

 

と言い換えてもいいかもしれません。

 

 

ちょっと、考えてみて下さい。

 

 

 

 

正解を言ってしまうと

 

アフィリエイターは情報屋であり情報を売っているのです。

 

ここが理解できていない人が多いのが

そもそもアフィリエイトで多くの人が稼げない理由だったりします。

 

話を「アフィリエイトの記事には何を書くべきか?」とい

ポイントに戻します。

 

つまり、アフィリエイターは

「人が求めている情報」について書けばいいわけです。

 

「そんなのどうしたらわかるの?」と思うのかもしれませんが

これは、キーワードとして集計されていますので

そこから調べていけば、世の中の人が何について

知りたいのか?がわかります。

 

無料のツールであれば以下のものから

キーワードは知る事ができます。

 

関連キーワード

↓ ↓ ↓
キーワードアドバイスツー

 

トレンドのキーワード

↓ ↓ ↓

グーグルトレンドキーワード
ですので、アフィリエイトで稼ぎたいのであれば

 

自分が何を書きたいのか?」

 

ではなくて

 

人はどんな情報を知りたがっているのか?」

 

に視点を移していくと、

当然の如くアクセスも上がりますし

収益も上がります。

 

アフィリエイトでは自分の書きたい事を書けないのか?

 

それでは、アフィリエイトは書きたい事について書けないのか?

と言えばそんな事はありません。

 

少なくとも極力、自分の興味のある事と記事の内容を

マッチングさせる事は十分に可能だと思います。

 

 

一つの例ですが

 

物販アフィリエイトや商材アフィリエイトの商品に絡んだ記事を書かなくても

そこに需要があれば、キャッシュポイントとしてアドセンスを置いて

比較的書きたい事を書くという方法もあります。

 

この考え方に近いのがコレ

↓ ↓ ↓
下克上のトレンドアフィリエイトについて
また、面白いアイデアでは

ゲームの攻略や情報を発信して稼ぐ方法なんて

いうのもあります。

これは、アドセンス以外のキャッシュポイントを

置く事もできます。

 

↓ ↓ ↓
ドラゴラム(DORAGORAM)アフィリエイトについて
まとめますが、

 

 

一定のアクセスが見込めるジャンルであれば

基本的にはアフィリエイトとしての記事は書けますし

アイデア次第では自分の興味に近いジャンルを選ぶ事も可能です。

 

ただ、忘れてはいけないのは

その記事の内容や情報は果たして人が求めているのかどうか?

 

ここにフォーカスしてみると

きっとアフィリエイトで結果がでると思います。

 

長谷川でした。

長谷川への問い合わせはお気軽にどうぞ^^

  日々、色々な方問い合わせを貰い
感謝の言葉を貰っています。
質問や相談あれば
個別にアドバスさせて貰うので
遠慮なくいって下さいね^^
↓ ↓ ↓
長谷川への問い合わせ先
サブコンテンツ

管理人について

ネットビジネスで稼いで
経済的と心の自由になる方法とは?

毎回、プラスになる情報を配信しています。

↓ ↓ ↓
メルマガはコチラ

asasasccc.png

このブログの管理人

はじめまして^^

 

管理人の

長谷川です。


元極貧サラリーマンですが
現在は、ネットビジネスで自由を手にました。

現在は、アフィリエイト月収は7桁で
8桁を目指して邁進中です。

ネットビジネスはじっくりと取り組めば
年収で1000万、2000万は稼げるものです。

ネットビジネスは
才能ではありません。

↓ ↓ ↓

プロフィールなど


ネットビジネスについての
相談などはお気軽にどうぞ ^^

↓ ↓ ↓

長谷川への問い合わせ

 

登録して損はないです。
無料です。

↓ ↓ ↓

メルマガはコチラ

ネットビジネスの裏側

タグクラウド

このページの先頭へ